欧州危機:ユーロ格下げ!S&Pに続きムーディーズも?QE3は見送り(できないとは言えない)|アメリカ・ユーロデフォルト危機

欧州危機:ユーロ格下げ!S&Pに続きムーディーズも?QE3は見送り(できないとは言えない)|アメリカ・ユーロデフォルト危機

はてなブックマークに追加
2011.12.13

欧州危機:ユーロ格下げ!S&Pに続きムーディーズも?QE3は見送り(できないとは言えない)|アメリカ・ユーロデフォルト危機


Photo


 12日の欧米市場では、欧州連合(EU)首脳会議で合意したユーロ圏債務危機対策が不十分との見方から、早ければ今週中にもユーロ圏諸国の一斉格下げがあるのではないかとの懸念が広がった。

 ムーディーズ・インベスターズ・サービスは12日、EU首脳会議では「新たな対策がほとんど打ち出されなかった」と指摘。来年第1・四半期中にEU27カ国すべての格付けを見直す方針を表明した。

 フィッチ・レーティングスも同日、EU首脳会議が債務危機に対する「包括的解決策」の取りまとめに失敗したとした上で、ユーロ圏諸国の格付けに対する短期的圧力が高まったとの見方を示した。


格付け会社がEU首脳会議に否定的見解、一斉格下げへ懸念強まる | Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE7BB06C20111212

 


ついに格下げの可能性を示唆するニュースが流れました。

先週のEU首脳会議で、直後速やかに結果を出すと言っていましたが
そのまま沈黙を保ち週末を過ごしました。つかの間の上げ相場を演出するためか?

ここにきて、畳み掛けるように格下げの流れが迫ってきています。




 米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は、欧州の財務相らに悪い知らせをもたらした。現在最高ランクの「トリプルA」である欧州連合(EU)を格下げする可能性があると発表したのだ。

 S&Pによると、ユーロ圏諸国の中で国債が格下げされる国が出た場合に、EUも格下げされる可能性がある。EUの財政の62%が、ユーロ圏に担われているためだという。

 今週初め、S&Pはドイツやフランスなど含むユーロ圏15か国の国債格付けを、将来的に格下げする可能性があるという「クレジットウォッチ・ネガティブ」としていた。

S&Pなど格付け会社、ユーロ圏を脅かす? - IBTimes:世界の最新ビジネスニュース
http://jp.ibtimes.com/articles/24585/20111209/940700.htm



さらに、FRBは既にFOMCで追加緩和を見送ることを決めています。

様々な理由をつけて先手を打ってきたなという印象を受けましたが、
結局は「QE3できません」と言うことができないだけです。ただのビビりです。



 米連邦準備理事会(FRB)は、13日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、前回に続き追加緩和の実施を見送る見通し。一方、欧州債務危機の米経済への影響を見極めつつ、政策の透明化に向けた枠組みをまとめる可能性がある。

 FRBはこれまで、政策運営の一環として市場との対話を検討してきたが、今回、そうしたコミュニケーション面での最終的な政策枠組みが提示されるかもしれない。

 追加の債券買い入れも緩和策の選択肢のひとつだが、欧州の債務危機が悪化し、米金融市場の混乱を招くという状況になった場合に追加策を講じる余地を残すため、FRBは現時点では債券買い入れは実施したくないだろう。

再送:13日のFOMCは追加緩和見送り、政策の透明化に向けた枠組み示す可能性 | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPTK803993020111212



これは、ユーロ危機が起きてもFRBは何もしませんよ、という意思表示でもあると思います。

格付け機関S&Pの大株主マグロウヒルデヴィッド・ロックフェラーの所有物ですし、
ムーディーズの大株主はバークシャー・ハサウェイウォーレン・バフェットの所有物です。
ここにきて、アメリカ支配階級が優勢になりつつあるようです。


この状態で、ユーロが格下げ攻撃を食らうとどうなるか?


8月4日の米国債格下げの後はダウ暴落、米国債暴騰、金暴騰という具合でした。
今度格下げがあれば同じように動くとは限らず、場合によっては米国債も暴落するでしょう。

仮にユーロ圏のAAA格付けを持つ国のうち、どこか1つでも格下げされれば
ただでさえ金集まりの悪いEFSF、プランそのものがとん挫する可能性も出てきます。




 欧州の救済基金である欧州金融安定ファシリティー(EFSF)は、同基金を保証しユーロ圏で最上級の「AAA」格付けを持つ6カ国のいずれかが格下げされれば、それに伴って基金も同格付けを失う可能性がある。格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が6日、明らかにした。

 S&Pは発表文で、「当社が現在行っているEFSF保証提供国の『AAA』ソブリン格付け見直しで、1国以上の引き下げを決めた場合は、EFSFの長期信用格付けを1または2段階引き下げることがあり得る」と説明した。


 また、6カ国すべての格付け据え置きが決まれば、EFSFと同基金発行の債券のAAA格付けも確認されると付け加えた。現在AAA格付けを持つ6カ国はドイツ、フランス、オランダ、フィンランド、オーストリア、ルクセンブルクで、これら諸国はEFSF債を保証している。

EFSFは「AAA」格付け喪失も、ユーロ圏国が失えば−S&P(1) - Bloomberg
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LVSCAM6KLVR701.html



ユーロ共同債やらない。
IMFはお金出さない。
EFSFは振り出し。
財政統合では間に合わない。



完全に八方塞がりの状況と相成りました。

たとえ財政統合を実現したとしても、
そもそもEUそのものが慢性的な対外赤字国家集団なのであり、
自力で債務危機を解決することは本質的に不可能なのです。

IMFなり、中国なり、ロシアなりにお金を出してもらわないとならない。
日本も既に出しすぎて破綻寸前で、もうヒモ男は見捨てたい。

市場も既にパニック状態にいるのではないかと思います。
わずかでも安心できるニュースがあれば買い、冷や水を浴びせられれば売る。
その日その日の儲けだけ出せれば後先考えない。
安全資産の債券も買いづらい、金はリスク資産、では何を買えばいいのか?
一体、金融システムはどうなってしまうのだ?


教科書にない未曾有の危機
が迫っているということの現れです。

上層部はすべてを悟り、静かに準備を始めていることでしょう。


ユーロが潰れれば当然アメリカも死亡となるので、
結局格付け機関は自分で自分の首を絞めることになるのです。
戦争詐欺などまだ通用するとでも思っているのでしょうか。実に滑稽です。


本日付けのベンジャミン・フルフォード氏のメルマガによれば
ジョージ・ソロス、ブッシュ、オバマなどアメリカ大物数百人が逮捕の対象になっているといいます。
時間がもうないのです。焦りすぎて一寸先の危機すらも見えないのです。

早急な自滅を願います。




※追記

ベンジャミン・フルフォード氏がCIAに軟禁?されているという情報が入りました。
本日のメルマガで殺し屋に狙われていると言っていましたが、その関連でしょうか?
ブッシュ配下のCIAなら命が危険、OSS系のCIAなら殺し屋からのガードと考えられます。

まさかの事態に動揺しております。無事に帰還することを願っています。


欧州危機:ユーロ格下げ!S&Pに続きムーディーズも?QE3は見送り(できないとは言えない)|アメリカ・ユーロデフォルト危機

投票コーナー
この記事へのコメント
どーも、毎日楽しく拝見させて頂いています。
ちなみに私は戦争など望んでいませんよ。
紙切れを(金)持った老人の為に死ぬのは御免です。

鳥は枝を蹴り飛び立つ事ができますが、
人間にそれができるかのか? 
できませんよね、もしできても誰かが足を引っ張る

 さて、やはり2012年がどうなるか見守りましょう
Posted by 名無しのアルバイター at 2011年12月13日 23:57
フルフォード氏の安否は気になりますね。私はフルフォード氏が出演している番組を見ていてリアルタイムで知ってびっくりしました。彼に万が一のことがあった場合すべての情報が暴露される仕組みになっていると前に本人が言っていたのでもし最悪の事態になっても無駄死に終わるということは無さそうですが、兎に角無事であって欲しいですね。
Posted by at 2011年12月14日 18:11
コメントありがとうございます。

最近では「若者のためにもデフォルトした方がいい」という主張も見られ始めました。
今のうちに思い切ってガラガラポンを実施し国民全員ゼロからやり直すか、
国債の札割れを起こし日銀引き受け⇒悪性インフレ⇒デノミ⇒ハイパーインフレ
といった最悪中の最悪の流れに引き込まれるか、過酷な選択を迫られています。
財務省の中にも戦後のハイパーインフレ期を経験した世代が皆無と思われますので、
実際どんな形であれ想定外の事態が次々と起こることは容易に予測がつきます。

政府に頼らない、官僚は無視、自分の身は自分で守る。
「破綻てんでんこ」の意識を持つべきかもしれません。

フルフォード氏の続報が入りました。
デイビッド・ウイルコック氏という人物によれば、彼はホテルに避難しており
無事が確認されたとのことです。しかし、まだ安心はできません。
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/49f983df864eea71d7bb953a97bfc530
Posted by 管理人 at 2011年12月14日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/240308806
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック