FRB・ロスチャイルドついに降伏か!日本政府との和解を水面下で交渉!2012年は世界恐慌でなく、世界平和が訪れるか?

FRB・ロスチャイルドついに降伏か!日本政府との和解を水面下で交渉!2012年は世界恐慌でなく、世界平和が訪れるか?

はてなブックマークに追加
楽天SocialNews
2012.01.10
はてなブックマークに追加
RSS
【超速報】イタリアで預金引き出し制限発令か!1週間..
ハンガリー格下げ!破綻・デフォルト危機急浮上!フォ..
HOME

FRB・ロスチャイルドついに降伏か!日本政府との和解を水面下で交渉!2012年は世界恐慌でなく、世界平和が訪れるか?





本日は大変喜ばしいニュースが入りました。


ベンジャミン・フルフォード氏の本日付メルマガによれば、
FRBの主要株主グループのうちの最後の1つが、ついに和平交渉を申し立ててきたとのことです。


韓国の最新ニュースを配信 「韓国ニュース速報」
簡易版はこちら 「韓国ニュース速報 Lite」
その内訳として、日本政府への借金の大半を”ブラックゴールド”と呼ばれる闇の金塊で支払うということです。


もしも上の情報が事実ならば、本当にそうなるならば、
ロスチャイルド、ロックフェラーの支配が、本交渉をもって終焉となるのです。
イルミナティのNWOがなくなり、真の世界平和が訪れるのです。


以前から述べていたように、ドルはアメリカの元を離れ、世界共通の通貨として流通するようです。
アメリカ国内でしか通用しない屑ドルは廃止され、新たな独自通貨を発行することになります。

2012年12月22日、FRBが廃止となるその日をもって、新通貨の発行が発表されるとみられます。



アメリカデフォルト後の世界:FRB解体、ドル消滅。アメロを2012年12月22日発行。

http://www.news-us.jp/article/233818808.html


繰り返します。
これは、大変喜ばしいニュースです。

ついに、デヴィッド・ロスチャイルド率いる
デヴィッド・ロックフェラー、ジェイ・ロックフェラー、
ブッシュ、ハリマン、モルガン、ウォーバーグ
といったFRBの背後にいる勢力が
完全降伏を宣言した、ということになります。

上の情報が本当に真実なら、世界はどん底の状況から救われます。
中東の有事体制も、第三次世界大戦も、世界的な食糧危機も、
そして、日本の財政問題を解決できる可能性も出てくることになります。


アメリカが、本気で日本へお金を返してくれるならば、日本の借金はなくなるのです
日本の借金の原因は、多くがアメリカによって買わされた米国債のせいです。

北朝鮮エージェントである中曽根や小泉は、金正日死去により権力を失いました。
同様に、日本でこれまで悪事を働いてきた売国奴も軒並み逮捕されたようです。

これにより、水面下で進められてきた中曽根配下の自衛隊クーデターなどの
悪の計画も阻止されることになるだろうと考えられます。

和解は既に具体的な事務手続きに至るまで進められており、来週中にも日本政府との交渉が始まるようです。

つまり、1月中には何らかの良い動きが出てくる可能性があるのです。



2012年が世界恐慌でなく、世界平和の元年となることを願います。

FRB・ロスチャイルドついに降伏か!日本政府との和解を水面下で交渉!2012年は世界恐慌でなく、世界平和が訪れるか?

投票コーナー
この記事へのコメント
はじめまして。
いつも記事を拝見しています。
うれしいニュースですね。
人工地震や核の脅威から開放されるのですね!
私は金地金とかタンス預金も備蓄も心配ないと考えてよいのでしょうか?
とにかく世界政府のうれしいニュースですね!
Posted by くさたん at 2012年01月10日 09:14
こんにちは

昨日の記事からフルフォード氏のメルマガの内容ってなんだろう?と、ジリジリしてました。これが本当なら大団円ですね。
陰謀説が真実だった等、発表はされないのかな?
Posted by Jun at 2012年01月10日 10:26
闇の金での支払だと? 

市場価値は変動しますが値段は今の相場価格で???
損なのか儲けたのかどちらなんだ???

日本政府と和解も??? そもそも対立していたの?

従属する関係だったのではなかたの?

恐慌起こしてチャラにした方が彼等にとってお得なのでは?

日本で絞り上げる対象でしょう。 

お金返してたら今までの活動の意味は・・・でしょ。

素直に”そうですか”とはちょっとね。
Posted by 写楽 at 2012年01月10日 11:23
日本政府(民主党)自体が売国奴・・・
Posted by at 2012年01月10日 12:43
ブラックゴールド=石油
Posted by 匿名 at 2012年01月10日 13:12
なにいうてんのん?
Posted by at 2012年01月10日 18:44
仮に良いニュースだったとしても
まだTPPが残ってますしね。
これを潰しておかないと、後で盛り返されるので
まだまだ油断できないですね
Posted by at 2012年01月10日 20:57
イラクと喧嘩をすることに集中するためのアメ情報では?アメリカだけに。
Posted by at 2012年01月10日 23:22
いくら良いニュースを聞いても、日本は在日韓国人・朝鮮人、そして帰化人によるマスコミ・政治・経済の支配を終わらせないといけないので、この問題を処理しないと真の意味での闇の支配は終わらないと思います。
アメリカの占領統治下、朝鮮から密航して日本に来て、日本人を虐殺し強姦し資産を強奪をする事で日本に居座り、今でも日本を実質支配している朝鮮進駐軍の末裔の在日や帰化人達。
全ての始まりは闇の支配者による日本の弱体化を狙った策謀だと思うが、いい加減に日本人も真実を知り独立国として一歩を歩まないと駄目だと思います。
この問題を処理出来ないで闇の支配者からの真の解放は無いと思います。
Posted by ヒデ at 2012年01月10日 23:24
凄いニュースですが、このニュースの記者は誰ですか?
Posted by 千里朱音 at 2012年01月10日 23:29
ブラックゴールド=ヘロイン
というのもある。
Posted by 古歩道は信用ならん at 2012年01月11日 00:58
コメント、貴重な情報誠にありがとうございます。

ブラックゴールドについて説明が不足しておりました。
フルフォード氏は、はっきりと「第二次世界大戦中に封印されたブラックゴールド(闇金)」と書いており
いわゆる天皇の金塊、M資金、ゴールデンリリーといった市場では取引をすることが
許されていなかったゴールド、という意味で用いていると思われます。
また、闇のゴールドとなれば当然所有権の問題もあるので、果たしてこれは支配者層の持ち物なのか、
という話になります。他人のものであれば、別の担保が必要になる可能性もあります。

もちろん、日本がすぐさま独立し人類の発展が約束されたわけではありません。
日本が独立するために絶対必要なステップのうちの、貴重な第一歩が踏み出されたということです。
これから政官業電に巣くう在日工作員を全力で追い出さねばなりません。大変な時代になると思われます。
しかし、今回の情報が事実ならば、アメリカの日本支配が終了するのは確かです。

フルフォード氏の言葉を借りれば、
「日本産の500万のレクサスよりも、北米産の300万のレクサスの方がいい」
単純に自由貿易が進むならば、TPPという形であっても問題はないと考えています。
ただし、今のTPPではダメです。不平等な条項をすべて削除し、公平な条約にしなくてはなりません。
また、モンサントやカーギルなど食の安全を脅かす巨悪も排除する必要があります。
最も、悪玉が捕まれば前述のような企業はなくなるでしょう。

散々日本から絞りとっておいて今更和解というのは受け入れ難い話ですが、
日本政府は奴隷ながらも最後まで”米国債の債権放棄を行なう”ことに抵抗し、首を縦に振りませんでした。
日米の関係は、キャリアウーマンとヒモ男に例えられます。暴力を奮うことは、依存です。

今回の和解がどう今後の世界経済に影響を及ぼすか、未だ流動的で明確には述べられませんが
世界の債務総額は天文学的な数値にまで膨れ上がっており、もはや誰も返済できないことは事実です。
新しい金融システムへ移行する=旧い金融システムを崩壊させる、ということで、
やはり世界的な大混乱は想定しておくに越したことはないと考えています。
文字通り、備えあれば憂いなし、です。
Posted by News U.S. at 2012年01月12日 23:31
米国の金在庫量は、8,134 ton
現在の金相場 \3800/gr を掛けると、32兆円となる。
日本政府・民間の米国債の買い付け額は、数百兆円でないの。

金融崩壊は避けられるの?・・・

参考
イギリスの GFMS の統計によれば2009年末時点で世界の金在庫総量は165600トン
Posted by usher at 2012年01月13日 21:21
下のヒデさんのコメントに同意です
Posted by at 2012年01月15日 12:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245291972
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック