お金こそ人類最大の癌である−電通の洗脳支配で愚民化される日本人、真実を知る時が来た

お金こそ人類最大の癌である−電通の洗脳支配で愚民化される日本人、真実を知る時が来た

はてなブックマークに追加
楽天SocialNews
2012.03.23
はてなブックマークに追加
RSS
3.20 メキシコ大地震とイラク爆弾テロ、次は日米..
本日ギリシャがデフォルト・ユーロ離脱を宣言するか?..
HOME

お金こそ人類最大の癌である−電通の洗脳支配で愚民化される日本人、真実を知る時が来た

お金 奴隷

前回の続き

お金こそが人類の諸悪の根源です。


お金のために、仕事があるのです。
もっと言えば、お金のために仕事をさせられているのです!


韓国の最新ニュースを配信 「韓国ニュース速報」
簡易版はこちら 「韓国ニュース速報 Lite」
「お金のためではない。仕事そのものが好きだからだ」
「お金のためだけならここまで長年勤められない」
もちろん使命感を持って仕事に励む人も大勢います。
仕事を通じて人間的、社会的に成長できる事も事実です。
人間誰しも何らかの仕事を持ち、毎日を充実させることが重要です。


しかしながら、上記のような人はごく一部の恵まれた人に限られ、
お金のために働かざるを得ない人の方が多数派ではないでしょうか。
表向き「お金のためではない」と言っても、実際はお金が必要ない人はいません。




お金がない人は衣食住を確保することができません。
結婚はおろかデートすらもできません。電車にも乗れません。
親族や知り合い、施設の世話にならねば、死の危機に直面します。



誰もが毎日のお金を稼ぐ事に必死です。

政府を批判する暇があったら、お金を稼げ、と。
不満を言うならちゃんと働いてから言え、と。
無職ニートは無価値、死んだ方がマシ、と。


このような価値観を広めたのも、電通に他なりません。
電通は広告、メディア、世論、情報工作などあらゆる方法で大衆を煽動します。



「お金持ちが偉い。みんなお金持ちを目指せ」
「男の価値は年収で決まる。だからもっと働け」
「年収ゼロのニートは無価値である」
「結婚指輪は月収の3倍は当たり前、結婚式は300万円が相場」
「女の価値は年齢で決まる。だから若く見える化粧品を買おう」
「モテるために高い服を買ってオシャレを楽しもう」
「整形で気に入らないパーツは直そう。韓流アイドルもやっている」
「韓国ブーム到来!今新大久保がアツい!」
「AKBのCDを買えば握手券がついてくる。選挙で投票もできる」


どれもこれも、お金をじゃんじゃん使わせるように仕向けられています。
お金を稼いで、使って、消費して、何も残らないように。
間違っても「金貨を買って経済崩壊に備えましょう」とは言わない。


そして、その戦略にまんまと嵌ってしまっているのが日本人。
「若者は働け!」「ニートは悪!」「お金持ちが偉い!」
工作員かと見紛う程に洗脳が深く浸透しており、深刻さを浮き彫りにします。





お金を稼ぐことを否定すれば、即座に批判が待っています。
お金を稼ぐ事に、何か宗教的な強制力すらも感じます。

「日銀真理教」が日本を支配しているのです。


そして、お金そのものに疑問を持つ人はいません。


お金とは何なのか?なぜ紙切れに価値があるのか?
小学生でも抱くような疑問に、明確に答えられる父親がどれくらいいるだろうか?



1. お金とは何か?



お金とは文字通り、古来は金や銀がお金の役目を果たしていました。
金銀では通貨発行量に限界があり、急激な経済成長が難しいということで
”金の借用書”がお金の代わりとして流通しました。
銀行は金銀を用意し、それを裏付けとした借用書を発行して
必要とあらばいつでも金銀と交換できるような制度を作りました。
これが、紙幣と金本位制の始まりです。





そのうち銀行家は感づきます。
ほとんどの人は金銀と紙幣を交換しようとしない。
いつでも交換できる、と思っているからだ。
ならば、金の量を上回る借用書を発行しても発覚はしないだろう・・
そして、その借用書を色々な人に貸し付けて、利子をふんだくろう・・
これが、信用創造の始まりです。


銀行は、預けられた1万ドル分の金をベースに、10万ドルの借用書を発行します。
その10万ドルを10人に1万ドルずつ貸付け、うち5人は銀行に預け直します。
すると、その5万ドルをさらに5人に1万ドルずつ貸付け・・
このようにして、わずかな元手から巨額の富を生み出すことが可能になりました。



そして、この信用創造により何が可能となったか?

戦争です。
戦争には多額のお金が必要です。
発行できる上限が決まっていれば、戦争に必要な資金を捻出できません。
そこで銀行家に頼み、高利で紙幣を増刷して戦費を賄ったのです




逆の言い方をすれば、戦争は銀行家にとってビジネスチャンスです。
戦争が起これば起こるほど、銀行家が儲かるのです。

銀行家は両国にお金を貸し付け、どちらが勝っても儲かるようにしたのです。
日露戦争のジェイコブ・シフなどが有名です。
日本は戦争に勝ったのに賠償金をもらえず、銀行家への借金に苦しみます。

こうして、戦争により罪のない人口を次々と削減しながら
勝利した国から莫大な利子を吸い取る事が出来、さらに
敗戦国の資産や企業を破格の安値で買い叩くことができます。
銀行家にとってはいい事ずくめです。一石三鳥、四鳥とも言えるのです。



2. ニクソンショックと金本位制の廃止


1973年、ドルと金の兌換が廃止=金本位制の廃止が宣言されました。
俗に言うニクソンショックです。世界中が大混乱に陥りました。
これにより、銀行は金の代わりに、国家の徴税権を担保として
紙幣を発行するようになりました。国債が通貨の担保となる時代が始まりました。


今の世界は、全通貨が国家の信用を表す国債を裏付けとしています。
ドルならアメリカ国債、円なら日本国債、ユーロなら欧州の国債、など。




特にドルは見境なく刷り続けてきたため、一貫して下落し続けてきたのです。
今のドルは実質的な価格は0.03セントです。為替はそうなっていません。
世界に流通するドルからFRBのドルが切り離されたので、価値を保っているのです。
ドルが今2種類流通している事は、以前述べました。

USDはWUSD(ワールド・USD)FUSD(FRB・USD)に分けられます。
今の為替相場は、このWUSDが適用されていると考えるべきです。

ドル最強説」はこのWUSDをタンス預金するという対策です。
世界中の富裕層が保有するドルが紙くずになっては困るということで、
このWUSDが金の裏付けを持つ可能性が非常に高いです。


日本は物を作って輸出をすることで生計を立ててきた国です。
ドルが安くなるたび、日本の大企業は窮地に立たされてきたという事です。
この前まで騒がれていた円高は、今に始まった事ではありません。

全通貨が国債を裏付けとしているとなると、
昨今騒がれていたソブリン危機は、通貨そのものの危機と言えるのです。



3. 中央銀行とは


では、この通貨を発行する中央銀行とは、一体何なのか?


世界最大のタブーです。

中央銀行は、株式会社です。
中央銀行は、利潤追求のための株式会社です。


FRBは政府機関ではありません。民間企業です。

ワシントンDCの電話帳を見れば分かります。
政府機関のページにはなく、民間企業「Fedex」の隣に記載されていると。
そして、政府は1株たりとも持っていません。正真正銘100%の民間企業です。
その株主は非公開ですが、ロスチャイルド、ロックフェラー、モルガンらと言われています。



日銀の創始者 松方正義

同じく、日本銀行はジャスダックに上場しています。
日銀は株式の55%を政府が保有していますが、その政府は誰が決めるのか?
日本の歴代首相は、野田首相を除きすべてアメリカが決めてきたが?
そして、残り45%の株式を持つのはいったい誰なのか?
これは、皇室やロックフェラー、ロスチャイルドが大半と言われています。


日銀は日本国民のためではなく、日銀株主のために存在するのです。
株式会社の原則です。株主の利益が最大になるために活動します。





中央銀行の仕事はドルを印刷し、貸し出す金融業です。
印刷すらも外部委託です。つまり、FRBは何もやっていないに等しい。

まるで水道の蛇口をひねるように、金利の上げ下げを自在に行ないます。

金利を下げて蛇口を緩めれば溢れるようにマネーが流れ出しバブルとなります。
金利を上げて蛇口を締めればマネーが滞り経済が沈滞し、恐慌が発生します。
「政策金利が何%で〜」とFOMCでそれっぽく話すだけで、相場が動くのです。


神のような存在です。金融とは宗教そのものです。

中央銀行が発行する原価たった数10円の紙切れに
「100ドル」などと適当な金額を書き、それを崇拝する人間。

誰もがその「数10円の紙切れ」を何十枚か手に入れるために、毎日必死で働く。

”紙切れ”があれば、欲しい物が何でも手に入ると信じ切って。

”紙切れ”を沢山持つ人間が偉い。”紙切れ”持ちが崇拝される世界。



「”紙切れ”集めは悪い事ですか?」
村上良彰

「”紙切れ”持ち父さん」
ロバート・キヨサキ

「”紙切れ”を支配する者が全世界を支配する」
ヘンリー・キッシンジャー


どんなに溜め込んでも、”紙切れ”は”紙切れ”です。
ニクソンショックを境に、ドルは兌換紙幣の地位を失い、
紙切れへの道をひた走る結果となったのです。


なぜ”紙切れ”をみんな必死で集めるのか?
実物資産の金と交換できる保証もないのに?
1オンスの金を買うのに、昔は35ドル、今は1600ドル必要なのに?


みんなが”紙切れ”を価値があると思い込んでいるからです。
何の裏付けもない”紙切れ”を、みんなが信頼しているからです。


逆に、みんなが”紙切れ”を使うのをやめて、
自分達だけで流通可能な通貨を生み出せば、銀行家の支配から脱却できます。
最近話題になり始めた地域通貨がその一例です。


アースデイマネー"earthdaymoney" - みんなの「いいこと」がつながるしくみ
http://www.earthdaymoney.org/





中央銀行は数10円のコストで紙幣を発行します。
”1万円札”と書かれた”紙切れ”は、原価20円です。
原価20円の”紙切れ”を、1万円で日本政府に売りつけているのです。
差額は9980円。粗利益率なんと99%

こんな美味しい商売がありますか?


例えば1万円札の原価は20円程度であり、残りの9980円が通貨発行益に当たるとし、イングランド銀行、日本銀行、連邦準備銀行、欧州中央銀行などが主題にされる。これは設立の根拠となる法律の問題ではなく、あくまでも経営の実態が株式会社であることを強調する。

陰謀論の一覧 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B0%E8%AC%80%E8%AB%96%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.AD.E5.A4.AE.E9.8A.80.E8.A1.8C.E9.99.B0.E8.AC.80.E8.AA.AC


※陰謀論の一覧に載っている事項は大抵が真実です

日本政府は”1万円分の紙切れ”を手に入れるために、1万円分の国債を発行します。
中央銀行はたった20円で1万円分の国債を手に入れる事になるのです。
そして、その国債がもたらす収益はすべて日銀の利益、株主のものになります。




面白いように日銀に国債が集まる

繰り返します。
中央銀行は、日本政府にタダで”紙切れ”を渡してくれません。
必ず額面通りの国債発行を要求し、国債の金利も追加されることとなります。
結果日銀には、タダ同然で国債が貢ぎ入れられるのです

これは現代の奴隷制度です。日銀に年貢を納めているということです。

そして、日本の借金を増刷で返すと言う事は、
同じ額の国債をさらに発行する事を意味します。
100兆の借金を増刷で返す=100兆の国債を発行する、です。

つまり、借金を借金で返す自転車操業と何も変わらないのです!
この考え方がいかに馬鹿げているか分かると思います。


国の借金をすべて返すには、発行された日本円以上の富をかき集め
銀行家に貢ぎ入れなければならないのです。
黒幕は銀行家です。ロスチャイルド、ロックフェラーが諸悪の根源です。





世界経済そのものが借金で成り立っているのです。
世界中の国民が、借金漬けの日々を送らざるを得ないのです。

日本人は豊かなので、借金というと「無能」「ギャンブル」「女」など
ネガティブなイメージしか出てきませんが、海外は違います。
特にアメリカは借金してでも家や車などを購入しようとする人が多く、
それをもって「景気回復」などと表現しているのです。


給料が上がったから消費を増やすのではなく、
融資の基準が下がったから消費を増やすのです。


借金で作られた景気は健全だろうか?



答えは、今のアメリカそのものです。










同様に韓国も、クレジット地獄に陥る国民が急増しています。
借金漬けにならなければまともに生活できない地獄の国。
自己破産すれば、もう2度と就職できないとすらいわれています。
韓国嫌いな人にとっては垂涎もののネタですが、これが現実です。


韓国人に逃げ場なし!借金地獄の韓国人の背後に迫る必殺取立人: 韓流ビギナーの部屋
http://tsunami311.seesaa.net/article/250764485.html


4. 中央銀行の支配から抜け出すために

日本人は自国の豊かさに甘んじすぎています。
世界中の国家が日本のように”紙切れ”を溜め込み、使わなければ
あっという間に経済は沈滞し、彩のない社会になるでしょう。


目指すべきは”紙切れ”の貯蓄ではなく、”紙切れ”からの脱却です。
銀行家の策略を知識として学び、金融そのものが詐欺であることを知り、
それを多くの人に広め、本当の豊かさとは何かを追究するのです。



今、目覚める時が来ました。
人類が解放されるためのステップです。



Thrive スライヴ ドキュメンタリー映画
フォスター・ギャンブル


P&Gの御曹司、フォスター氏渾身の一作です。
P&Gは人体に埋められるマイクロチップを開発しました。
フォスター氏は、P&G企業家の道を捨て、自らの道を歩みました。
相続した資産480万ドルを投じ、10年という歳月をかけて製作されました。




彼は世界を丸ごと包み込む壮大な陰謀に、心を痛めています。
「そんな巧妙な陰謀などあるわけがない。とっくにばれているはずだ」
「まさか全世界を騙せる手法など存在するはずがないだろう」





実体は異なります。
世界支配者は、まず金融を支配しました。
次にエネルギー、農業を支配し、大衆の生殺与奪の権利を奪いました。
そしてマスコミ、医療、テクノロジー、プライバシー・・と手を広げ、
人類を見えない檻に閉じ込め、暗くて退屈で、つまらない生き物にしました。
大衆は国がこさえた借金の肩代わりをさせられ、現代の農奴制が実現されました。


支配をするに当たり、その手法は実に巧妙なものでした。
CIAの鉄則として、情報は限られた必要な人物にのみ開示することになっています。
支配戦略の一部を人類に任せる事で、全体の目的を隠蔽する効果があります。
P&Gのマイクロチップも、表向きは良い目的のためと喧伝して開発されたのです。


つまり、世界人類が支配の実態に気づき、
その陰謀の黒幕は誰なのか、誰が加担しているのか、
何をすべきなのかを”知る”ことこそが、支配脱却のポイントとなります。





支配者はたった数万人の金融エリートです。
世界中の人類が反対をすれば、多勢に無勢なのです。

世界人類が真相に気づき、銀行家にNOを突き付ければ、戦争も起こりません。


このビデオがとても優れていると思う理由の1つに、
最後の章で、我々人類がすべきことは何かを具体的に述べていることです。
アメリカで言えば、End the FEDのような啓蒙活動を行なうことが挙げられます。
人類1人1人が真実を知り、心を入れ替える事で、世界は変わると述べています。


日本人は何をすべきだろうか?



電通 洗脳広告代理店
苫米地 英人(著)

やはり、反電通運動に他なりません。
電通こそが日本人を愚民化させ、何も考えないような民族にして
大衆の力をこれでもかと削ぎ落とし、”紙切れ”の奴隷になるように仕向けた張本人です。

マスコミ支配の脱却が、全国民に求められるファーストステップです。


テレビは見ない。新聞や雑誌は読まない。
マンガやアニメ、ドラマ、音楽などは頻度を下げる。
インターネットで能動的に情報を探し、真実を知る。


電通を解体し「お金がすべて」という価値観を変える。




本当の豊かさとは何か?本当の幸せとは何か?
人間の価値は、年収や年齢で決まるのだろうか?
”紙切れ”と引き換えに、大切なものを犠牲にしていないだろうか?




Thrive スライヴ ドキュメンタリー映画
フォスター・ギャンブル


※ 追記

Thriveが無料で視聴できるようになりました。





フォスター・ギャンブル氏に、大変感謝しています。


今こそ真実を知る時です。

この作品は以前YouTubeやニコニコ動画でも掲載されていましたが、
やはりDVDとして手元に置き、何度も繰り返し見た方がいいです。
そして、このDVDを可能な限り多くの家族、友達、知り合い、会社の同僚などに勧めて
真実をより多くの人たちに知ってもらうために、情報拡散をすることです。




ThriveのWebサイトもあります。
映画の補足情報や、製作者フォスター氏のブログも掲載されています。

Thrive
http://www.thrivemovement.com/


我々庶民でもできる最も身近なことは「真実を知る」ことです。
この世界に巣食う寄生虫の存在を知り、情報拡散を行ない、
数々の戦争、虐殺、そして3.11のような悲劇を二度と引き起こさぬよう、
悪の計画を徹底的に暴き、すべて白日の下に晒し出すことです。


人類解放の時は近づいています。


お金こそ人類最大の癌である−電通の洗脳支配で愚民化される日本人、真実を知る時が来た

投票コーナー
この記事へのコメント
凄い!この記事は定期的に再掲されるべきです。

今の社会は借金返済が行動原理ですからね。
庶民は常に尻を叩かれて暮らしている。
その苦しみから少し目を反らしたい時は電通の用意した娯楽やショッピングが待っている。ガス充填とガス抜きのどちらにも電通やグローバルエリートが関わっている。
このバカらしい仕組みをどんどん国民に知らせよう。

中央銀行の根絶!
電子マネー化による管理社会を拒否!
Posted by at 2012年03月23日 14:32
合格!素晴らしい記事だ。今まで日本国民はテレビ〜ラジオ〜新聞〜雑誌などなどの方法で悪質な歌を聞かされ、それに操られてきた、しかし日本には素晴らしい神話がある、それは{わらしべちょうじゃ}だ。答えは、そこにある。
Posted by at 2012年03月23日 14:50
邦楽が恋愛ソングや重要なことには触れない応援()ソングばかりなのも日本人の考える力を奪うためでしょうね。
Posted by at 2012年03月23日 14:58
人生について考えて欲しくないのだろうね。
平和ボケしてて欲しいのだろう。
Posted by at 2012年03月23日 15:00
現在の学校教育から日本の道徳教育と日本の神話を排除したのも奴らの仕業だ。あの有名な、傘立て地蔵は今や完全に消し去られてしまった‥
Posted by 次郎 at 2012年03月23日 15:13
無限にして偉大なる全知全能の創造神。

かつて宇宙をはじめ、この世に存在するありとあらゆるものは
この神により生み出された。
ところが文明の発達とともに思い上がった人間は
次第に神の教えを忘れたふるまいをするようになった。

人々は創造神を忘れ、別の神をあがめるようになったが
その正体は破壊と闇の世界の帝王、魔神であった。

創造神が魂の喜びと愛とやすらぎと、幸福、発展、繁栄を与えるのに対し
魔神は富と権力、現世の利益を与え、人々の心をつかんでいった。

人間の望む欲望のすべてを、その魂と引替えに与えていった。

その結果、それを求め合う人々の間で争いがおきた。
欲望に限りはなく、ますます人間同士の争いはエスカレートしていった。

地球は荒れていった。

無限にして偉大なる創造神は、自らの生み出した神の子らが
互いに殺し合い悪想念を発して地球のあらゆる自然と生命に
悪影響を与え、また破壊するのを見て嘆いた。

やがてその地球の荒れた波動は、宇宙の他の星々にまで影響を与え始めた


ムー(レムリア)の神殿の再来を約束されたのだ。

神の民と言う名の国に神軍の人たちが結集。

偉大なる全知全能の創造神の光輝く世となすのだ。

その時が来たら我が神殿は再びこの世に現れよう。

その時神軍の人は記憶とともに、神の力をよみがえらせるであろう。
神の世の立直しをはかる時が来た。

古代ヘブライ、アラム語の表現でヤマトとは神の民を意味する。
日本にかつてのムーの神軍が結集。

これより神の力をよみがえらせ、神の国を建国していく。

ヤマト民族にはその使命がある。
Posted by at 2012年03月23日 15:14
ガールズバー・キャバ・風俗・ホストクラブ・パチンコで働いたら店の利益は暴力団の資金源になるわけで、それに比べたら何もしないニートの方が社会のためになってるよ。
Posted by at 2012年03月23日 15:19
いずれにしても全世界で決めるルールだろうロスチャ一派の会計はしくじったんだろうだからそれ以外の会計だろう
そうなれば1個100円のりんごは1個100円と誰もが信用すること。つまり物価の値崩れもそれ程ない状態であり物々交換券としての通貨の価値を維持できること、循環すればインフレ値も少なめだろうけど循環しないならインフレが高くなるんだろう←この目的は売れ買え不動産とか特にそう最初の火付け役はユダヤが自分で不動産のようなボラの高いものを売買してさも市場が沸くように仕向けた。なら自然にちょうちんが付いてきた経済が活性化した、日本は朝鮮人問題で頭が溶けそうだ。
Posted by at 2012年03月23日 15:31
実際電通および紙切れ支配がなくなったら名指しされた
TV、雑誌、新聞、アニメ、ゲーム、音楽の質は
物凄い勢いで向上するでしょうね

金を稼ぐためにスポンサーの気を引く内容に傾いて
その結果酷いモノを作ってる所も多々ありますから…

そういや利益追求のために粗悪な生肉を出し、
多数の死者を出した焼肉チェーン店もありましたね
Posted by at 2012年03月23日 15:46
素晴らしい!最高の記事です。
Posted by at 2012年03月23日 16:11
FRBは1913年12月23日から100年にあたる今年、2012年12月22日で発行権を失うとされています。なので支配層は国民から搾取した金を価値有るうちに現物に変え、次の新しいシステムに移行する準備は出来てると考えています。あとは方法はどうあれ、世界に混沌を作り出し、立て直すという大義名分で欧州を中心に世界政府樹立というシナリオなのでは。。
なにはともあれ、過去の歴史をみると近隣に戦争の種を蒔いてるようなので、両国共に煽られても戦争を避けて頂きたいです。日本のシナリオは国政は民主党から石原、橋下にバトンを渡して短絡的ですが、9条改正、『戦争』へとも伺われます。
Posted by at 2012年03月23日 16:19
スライブについては賛否両論がかなりあります。
その辺りをよく調べて記事にしているのでしょうか。
その映画の裏に世界支配者層の名前があるとよく耳にしますがどうでしょうか。
その辺りが心配で、この作品を信じてよいのか迷うばかりです
Posted by at 2012年03月23日 17:21
本国が危なくなってきたせいか民団が「仲良し政策&帰化」推進中!
反韓在日緩和と票集め狙いのようです

外国人参政権ですが 名前を変えてまた狙ってきています
「自治基本条例」名前を変えただけの「外国人地方参政権」 国民が知らぬ間に全国で制定中!


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1330105417/
http://ameblo.jp/tachiagare-nihonjin/entry-11157650949.html
Posted by at 2012年03月23日 17:57
スライブも数多の情報の中の一つに過ぎない、と考えた方がいいですよね。
映画の中で物語っている結論が、自分のそれとは大分かけ離れています。
ただ、アメリカの名立たる大手P&Gの御曹司が、信用創造システム、そして金融資本家たちを名指しして批判したことは、世の中にとって良い兆候だと感じています。

自分にはこの映画の思惑がはっきり見えてこないですし、全てが「事実」ではないと考えていますが、世の中のシステム、そしてそのシステムの中にいる自分という存在を改めて考える「切欠」にはなると思います。
Posted by at 2012年03月23日 18:00
お金に関してはその通りなんですけど、そのシステムで生きてきた我々は、そのお金で財産(貯金とか)を蓄えているわけです。その財産をゼロにしていいから、FRBや日銀を解体せよ、と薦めているのでしょうか?私はそうでもいいから、FRB・日銀を解体すべしと思っていますが、本音のところ皆さんどうですか?それとも、一歩踏み込んだ奇策がありますか?妄想レベルでは、私にも奇策はあるのですが、それより前に、我が身のこことしていま一度深く考えてみようではありませんか。
Posted by 家二郎 at 2012年03月23日 19:36
状況によって、倫理観や価値観が変わることに個人レベルでどこまで正当性を追求できるかを言うに当たっては根本的な常識のシフトアップも必要になります。

ですが・・その状態が都合が良い者は必要な現実を見ようとしないため、腹黒い者たちの餌食になってしまうのでしょう。騙されていても騙されていると知らないほうが短いスパンでは幸せだと思えると、だから自分は人に騙された覚えがないという女性がいました。

少し物悲しい気持ちになりましたが、曇りのない心でそれを言われると・・ほんの少し皆のためにできる事や人に喜んでもらうことを目指したりもしました。本質的な喜びから遠ざかって、もうどれくらい経ったのだろう手放しで人を愛したり好きになることもできなくなったことが・・何より辛い事です。

まるで誰もかもが詐欺師に見えるようになったのは、お金のせいだろうし・・よほど強欲な人間でないと、あれらは対象を見つけ内なる言い訳の元にすぐに無くなるから更にそれを打ち消すような過酷な環境に身を置く羽目になりかねない。日当9000円ごときで命がけで働かねばならない現実は既に狂っているんだ。それが常識とされている(-"-)
Posted by ラムセス2世 at 2012年03月23日 19:45
新しい国家主義者が、政権を握り、政府を作り変え、日銀を国有化するという、官公労の公務員のためではない、日本国民のための政策を実施するだろう。だから、新興右翼を応援しよう。
Posted by 桜ヶ丘金之助 at 2012年03月23日 19:51
元々物々交換の効率化・合理化を図るために作られただけ、
飽く迄"手段"として作られたはずのお金が、今や地球上の人間を苦しめる道具になっているのは事実。

人類は一旦この「お金」からの脱却・決別を実行しないと冗談抜きで確実に破滅するね。今がもう末期症状と言ってもいいんじゃないか?

この後に及んで「金が全て」「金で人の価値が決まる」とかホザいている人間は虫ケラ以下のゴミクズだが、金という紙クズをむしゃむしゃ食いながら「原発利権」を守ろうとする連中もそういえばこの国にいたっけ??
Posted by 個人事業主 at 2012年03月23日 19:57
今回の記事は更新に時間を掛けた価値ある力作!
金融詐欺は現在進行形で確実に世界を借金漬けにして我々ゴイムを飲み尽くそうとしていることを見事に描いている。
THIRVEを一見すると、この金融詐欺の絡繰りが簡単に見抜けるようになる。
Posted by at 2012年03月23日 20:01
今回の記事は本当に素晴らしいです
Posted by at 2012年03月23日 21:06
道徳人情、人の心がなくとも、恐ろしく賢い人間はたくさんいます。
仮に今の信用創造システムが崩壊して新しいシステムが運用されようとも、
それを扱う人、それに扱われる人が変わらないと同じことの繰り返しでしょうね。

システムを見抜く、システムを考え出す能力。そのためのベース、知ることのおもしろさ、知ることへの欲求。
そしてお金だけではない「価値」を幸福感を見出す思考。
大多数に欠けていると思います。
システムに従属するための教育、環境で育ってきたからでしょうか。

今の世代は難しいかもしれないですが、次の世代の子供たちには是非、そういった能力を身につけさせてあげたいものです。
教育からメディア、ゲームやアニメ等の娯楽、ネット空間から地域の活動まで、
これからの私達の行動で、少しづつでも環境を変えていくことができれば、いつか花咲くのではないでしょうか。

道のりは果てしなく遠いですが、各々が考える正常な社会を目指して、
自分にできる範囲のことを、草の根運動でもやっていこうと思います。
Posted by at 2012年03月23日 21:16
ニコニコにうpされてました

ジェイソン・ラッセル逮捕

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17335214

朝鮮総連強制捜査

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17337616

Posted by Jun at 2012年03月23日 22:14
↑朝鮮総連じゃなくて朝鮮出版会館でしたw
Posted by Jun at 2012年03月23日 22:22
管理人様
 今日の記事はとても素晴らしいです。経済、お金の本質をズバリ言い当てています。大学の経済学の授業なんかより遥かに秀逸でした。
 実際今の社会は「お金だけ」です。正確に言えば「得をするならなんだってやる」。その象徴が「お金」です。

 「得して儲かるならゼオライトの利権頂く。東北で何人死のうが関係ない。」
 「得して儲かるなら戦争だって起こす。劣化ウランで子供がどうなろうが関係ない。」
 「得して儲かるならセンタービルだって爆破する。何人死のうが関係ない」
 「得して儲かるなら国も売る。オレは儲かっている。何が悪い。」
 「得して儲かるなら自分の親だろうが子供だろうが殺す。バレなきゃいいんだ。オレが得するんだ。何が悪い。」

 お金はある意味必要悪です。良くはないが無いと現実的にやはり困る。だから小沢一郎が金に走ることそれ自体を否定はしません。その金で地元東北の人達を必死に助けたとでも言うのなら大いに支持しますが、実際は逆です。
 お金しか考えない今の社会では「解り易いもの」にしか反応しなくなります。記事にもあるようにそのように仕向けられます。本サイトで扱う話題などはなかなか理解されない。私自身、いわゆる「陰謀論」などは数年前まで見向きもしませんでした。決めつけていました。
 その意味で記事の最後の4行が本当に大事だと思います。身近な人達にも広めていきたいと思います。これからも情報発信期待しています。頑張って下さい。
Posted by PCビギナー at 2012年03月23日 22:37
資本主義の本質は金融
幻想を作り出すのは広告代理店
Posted by at 2012年03月24日 00:20
日本分裂の危機がもう目の前にきている
橋下を支えてるのは(中国 朝鮮 在日)

↓中国の構想はこうなってる(日本地図)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11440721
↓中国の歴史と日本の売国議員
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11408391
Posted by at 2012年03月24日 04:48
お金からの支配はいつか解放されます。
それがすぐか、まだちょっと先かわかりませんけど。
お金がなくなって、その時にあなたが持っているスキルが金に関する等のみで人に必要とされていないと感じているなら、いまお金があるうちに準備して菜園や農業スキルを身につけてください。
庭がないなら、わずかなスペースでもできるベランダ菜園でもいいです。
今なら本と種を買うことができます。

菜園や農業がメインでないなら、他の人に役に立ちそうなスキルを磨くといいでしょう。
これは私も模索中ですが、世界の建て替えが起こってからでは遅いです。

いままでにこのブログで意見しましたが繰り返します。
この世界は食べ物が勝手に自分のところに都合よくやってくるわけではありません。
備蓄は備蓄分だけしか生きられません。
あなたが感じるベストを尽くしてください。
私もベストを尽くします。



最後に感銘を受けたマザーテレサの言葉をみなさんに送ります。


(世界平和のために何をしたらいいのかと聞かれて)
帰って家族を大切にしてあげて下さい。

100人に食べ物を与えることができなくても、
1人なら出来るでしょ?
Posted by 名無し at 2012年03月24日 07:11
同感です><
私の勝手な解釈ではTHRIVEは世界向けに作られた作品かと思われます。
世界から見ると日本という国は少し特殊な立場にある国だと思います。
先進国の中で一番マスメディアの影響を受けている国だと思います。
3、11に関しても日本人より外国の方の方が真実を知ってる人多いんではないでしょうか?
ですので日本におきましては、日本人のやるべきことがあるかと思います。
自分なりに調べた後にこのサイトに共感を覚え、更なるいろいろ情報をいただいてます。
いつもありがとうございます。

Posted by フラ at 2012年03月24日 07:51
いつも貴重な情報ありがとうございます。

やはり お金 がキーですよね。
お金はあまりにも特殊、利息があるのもおかしい。
以前から聞く耳ある人には伝えてきましたが
最近は、前よりも聴いてくれる人が増えた感じがします。

THRIVE は映画という体裁なため受け入れやすいと思います。
私は、少しだけ注意することがあると言ってすすめてます。
映画は3部構成です。
第1部 フリーエネルギーの鍵 トーラス構造
第2部 世界の支配構造 少数支配者の存在
第3部 支配構造から脱却するための道筋・解決策

第1部のトーラスについては、解析に役立っても実際フリーエネルギーを利用するときは実用性がないと思われること。
第3部の解決策は、具体性がなくかえって現状から抜け出せない感覚になります。
まずは、第2部を理解していただきたいところですね。受け入れにくいのは、現状の自己否定につながってしまうから。

解決策は、単純には、銀行から現金を引き出すことなどが考えられます。が、最終的には各自が持って生まれた英知を結集することではないか、勝手に思っています。
Posted by rod_k at 2012年03月24日 09:31
勝組も負組も支配者も陰謀論者も、お金を得るために行動しているのは確かです。
陰謀論者が書籍を出版したり、陰謀論ブロガーがアフィリエイトを利用するのも、
生きるためにはお金が必要だからです。

お金は社会を活性化させるためのエネルギー。人間が血液の流れが悪くなって病気になるように、お金が特定の箇所に溜まっているから(お金の流れが悪くなっているから)、社会が病気になっています。

社会の病気のが消えるように、お金の流れ(エネルギーの流れ)をせき止めている癌を治療しなければいけませんね。

その治療方法の一つとして、安さに釣られてamazonなどのネットショッピングを利用せず、地元の商店で品物を購入することを提案します。
Posted by 秘密喫茶 at 2012年03月24日 12:02
不幸のその多くは作られるもので愚かさも作られたものだとカネの話を
聞いてそう思います

カネの信用の裏付けを彼らから奪う事の積み重ねが結局は世の中を良く
する方法なのだと思います
Posted by at 2012年03月24日 20:29
管理人、今回のスレ決まった!カッコいい!
保存しとくわ。
Posted by 五つ星 at 2012年03月24日 21:36
この手の記事書くなら、半島ブームやらAKBとか中途半端に記事にあげてないで、日本人の芸能人全てが電通の用意した洗脳用の広告塔(教祖)って書いて欲しいな、でないと茶番だよいつものことだが。
マスゴミは悪だの騒いだところで、TV番組は叩かず見続ける滑稽な人がどれだけいるかね?
多少の番組や芸能人を悪質だと判断して見ないところで、所詮自分に利益があったり気に入ってるものなら見続ける人が多すぎる。
彼らは君らの嫌いなマスゴミや金の価値観から人を離れさせないようにするための役割もあるし、最新の物品を持つことや豪邸に住んだり、金を持ってること、目立つこと有名であること=勝ち組と
洗脳するための教祖でしょう?
事実日本は異常にCMに芸能人を使いますでしょ?それも異常なギャラで、そして皆それに釣られて物を買う、価値観を操作される。
Posted by aaa at 2012年03月26日 20:45
人類最大の癌は1番に「嘘」で、2番が見たことも会ったことも、詳しく知りもしない対象を信じてしまう「崇拝心」で最後に「お金」です。
現在の世界のシステムを牛耳っている連中はこの3つが人間の心に作用するよう実行していますが、陰謀論だのオカルト論を語る人は、「お金」に対して語るのが限界。
Posted by aaa at 2012年03月26日 20:52
「崇拝心」は罠によって洗脳が解けてないので最後の「嘘」は2012年でも全然ですね、芸能人云々など「崇拝心」の部分の極一部ですし、金、国、神、宗教、人種、地域、スポーツ、性、歴史書・神話、偉人像、まだあります。
スクリーン・スポーツ・性の3Sにだけでも「陰謀」見出してみてください(自分で考えて)分割長文でごめん〜
Posted by aaa at 2012年03月26日 20:54
沢山のコメント、ご意見ありがとうございます。

今回の記事は特に力を入れました。
全国民の生活に直結する”お金”が世界最大の詐欺だったという
この衝撃度をもっと多くの人々に広めたいという思いがあります。
映画「Thrive」は、まさにうってつけのコンテンツと判断しました。

一方で、この「Thrive」が世界支配者側の策略ではないかという声もあります。
しかし、その可能性はきわめて低いとみています。

まず、この映画を何も知らない人が見れば、誰もがロスチャイルドが悪と理解できます。
自ら手の内をさらけ出し、批判の的となるような捨て身の工作にメリットはありません。
彼は悪魔企業の一翼P&Gを抜けて、本作品を仕上げました。内部告発ともいえます。
むしろ、この作品を見られて困る人が「あれはバックが怪しい」と騒いでいるように見えます。

結論については、確かに賛否両論あると思いますが
数ある回答の1つを提示してくれるという意味では良いと思います。
この映画はあくまで”気づき”を与えるもので、そこから個々の意見に昇華させるべきです。

利益優先の結果サービス低下、質の低下、安全性の低下を招くようでは
一体何のための経済活動なのかと疑問を持たざるを得ません。
その利益を誰かに吸い取られていることに気づけるかどうかがポイントです。

これからの時代は、お金に依存していた人ほど生きるのが大変になると思われます。
要するに自分では何もやらずに、他人に任せっぱなしの人のことです。
今後どのような職能やスキルが必要になり、また重宝されるか考えていますが
いずれ「デフォルト対策 職業編」でまとめたいと思います。
農業や家庭菜園は必須ですが、1から始めるには足踏みする人も多いはずです。
これも近日中に何らかの形でまとめ、発信できればと思っています。
Posted by News U.S. at 2012年03月27日 03:22
マンガや音楽、映像、文学はアマチュアの作品を差別をしないことが、
大切なのではないでしょうか?
Posted by ryoma at 2012年03月31日 12:00
楽しい人生にするには、言論の自由が前提だわ。自分の価値観に合わない見解をワイン傾けながら楽しむ余裕が大切よ。みんなが同じ考えだったらかえって怖いわ。気持ちにゆとりを持つには、ある程度の資産といい男が必要だわね。男は努力しても手に入らないけど、資産は努力すれば少しは築けるわ。でも、資産でもいろいろあるわね。私の宝物は、庭の野菜畑よ。弟に雑草取りさせてるわ。無駄な消費を削り続けたら5000万円貯まったわ。石鹸はつかわなくても、水だけで手はきれいに洗えるわ。食器洗剤は水で薄めて1本で50本分にできるのよ。地球に優しいしゃぼん○石鹸よ。化粧は男性とお会いする時だけよ。肉と魚は月に1回だけよ。玄米は1日水につけておくのがポイントよ。電子レンジと炊飯ジャーは持ってないわ。冷蔵庫だけはあるわよ。テレビは無いわ。ラジオでいいわ。何一つ不自由ないわよ。貴族のような気分よ。朝はモーツァルト、夜はジャズピアノよ。消費を見つめなおせば、お金の主人になれるわ。固定資産税の通知書見ると、政府を潰したくなるわね。
Posted by 神出鬼没のお姉さまよ at 2012年05月27日 16:10
良い内容だ。このように啓発的な内容のものを出していたとは知らなかった。あるべき将来を先取りしている。時に短絡的な印象を受けていたがこの線が基本ならやはり応援したい。
Posted by Fukada at 2012年08月09日 11:07
取敢えずサブカルチャーはパチンコマネーからの脱却が急務
Posted by キカイザー at 2013年11月07日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]



この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/259582805
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック