【中国崩壊】内戦・分裂 - 中国・韓国・在日崩壊ニュース

-->

【中国崩壊】ついに中国政府内でも分裂発生www バカ独裁者が権力握って内戦クル━..

2017.03.09

【中国崩壊】ついに中国政府内でも分裂発生www バカ独裁者が権力握って内戦クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!



posted by


1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/03/08(水) 00:10:26.94 ID:CAP_USER*.net
中国でますます強まる習氏独裁 ナンバー2の李克強首相もクビか
2017.03.07

中国の全国人民代表大会(全人代=国会)で、習近平国家主席の独裁ぶりが極まっている。共産党で序列第2位の李克強首相も平身低頭で恭順の意を示したが、年後半に開かれる党大会でクビになるのではとの観測が強まった。

「習同志を核心とする中国共産党中央の力強い指導の下、経済、社会の発展を推し進めた」。李首相は政府活動報告で「核心」を繰り返して習氏の功績をたたえた。

忠誠を誓う李氏に対し、椅子に深く腰掛けた習氏は報告書を開くこともなく退屈そうな仏頂面。報告書を読み上げる前に習氏に向かってお辞儀をした李氏と「格の違い」を際立たせた。

会議終了後も、習氏は李氏と言葉こそ交わしたが、握手もせずに足早に退場した。

政府が1月に公表した2016年の国内総生産(GDP)発表資料でも、李首相がトップを務める国務院の表記が削除されるなど、首相の主管分野である経済政策からの排除はあからさまだった。存在感を失った李氏。

習氏の信頼が厚い王岐山・党中央規律検査委員会書記または汪洋副首相と交代するとの見方も指摘されている。


http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170307/frn1703071700004-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/images/20170307/frn1703071700004-p1.jpg

習国家主席(左)と李首相(右)の距離はいかほどか(ロイター)





「習近平国家主席の独裁ぶりが極まっている」「李克強首相:年後半に開かれる党大会でクビになるのではとの観測」
「忠誠を誓う李氏に対し、椅子に深く腰掛けた習氏は報告書を開くこともなく退屈そうな仏頂面」
「習氏は李氏と言葉こそ交わしたが、握手もせずに足早に退場」
「李首相がトップを務める国務院の表記が削除されるなど、首相の主管分野である経済政策からの排除はあからさま」

【中国崩壊】ついに中国政府内でも分裂発生www バカ独裁者が権力握って内戦クル━━━━━(°∀°..

2017.03.09

【中国崩壊】ついに中国政府内でも分裂発生www バカ独裁者が権力握って内戦クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!



posted by


1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/03/08(水) 00:10:26.94 ID:CAP_USER*.net
中国でますます強まる習氏独裁 ナンバー2の李克強首相もクビか
2017.03.07

中国の全国人民代表大会(全人代=国会)で、習近平国家主席の独裁ぶりが極まっている。共産党で序列第2位の李克強首相も平身低頭で恭順の意を示したが、年後半に開かれる党大会でクビになるのではとの観測が強まった。

「習同志を核心とする中国共産党中央の力強い指導の下、経済、社会の発展を推し進めた」。李首相は政府活動報告で「核心」を繰り返して習氏の功績をたたえた。

忠誠を誓う李氏に対し、椅子に深く腰掛けた習氏は報告書を開くこともなく退屈そうな仏頂面。報告書を読み上げる前に習氏に向かってお辞儀をした李氏と「格の違い」を際立たせた。

会議終了後も、習氏は李氏と言葉こそ交わしたが、握手もせずに足早に退場した。

政府が1月に公表した2016年の国内総生産(GDP)発表資料でも、李首相がトップを務める国務院の表記が削除されるなど、首相の主管分野である経済政策からの排除はあからさまだった。存在感を失った李氏。

習氏の信頼が厚い王岐山・党中央規律検査委員会書記または汪洋副首相と交代するとの見方も指摘されている。


http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170307/frn1703071700004-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/images/20170307/frn1703071700004-p1.jpg

習国家主席(左)と李首相(右)の距離はいかほどか(ロイター)





「習近平国家主席の独裁ぶりが極まっている」「李克強首相:年後半に開かれる党大会でクビになるのではとの観測」
「忠誠を誓う李氏に対し、椅子に深く腰掛けた習氏は報告書を開くこともなく退屈そうな仏頂面」
「習氏は李氏と言葉こそ交わしたが、握手もせずに足早に退場」
「李首相がトップを務める国務院の表記が削除されるなど、首相の主管分野である経済政策からの排除はあからさま」

記事の全文


【中国崩壊】金正男の件、中国政府なぜかノーコメントwww ⇒ ついに国営メディアが政府批判キタ━..

2017.02.19

【中国崩壊】金正男の件、中国政府なぜかノーコメントwww ⇒ ついに国営メディアが政府批判キタ━━━━(°∀°)━━━━!!!



posted by



1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2017/02/18(土) 08:07:44.89 ID:CAP_USER*.net
【金正男氏殺害】中国紙が極めて異例な“反旗” 「当局は沈黙する傍観者」と政権批判
2017.2.18 07:48

【北京=西見由章】北朝鮮の金正男氏殺害事件をめぐり、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は17日付の論評で「中国側はなにも情報を発信せず、沈黙する傍観者になっている」と当局を批判した。

事件をめぐって韓国当局やメディアの情報が世界の世論を主導しているのに対して、中国当局が沈黙を守り報道も規制していることへの不満があるとみられる。官製メディアが地方政府ではなく、政権自体をやり玉に挙げて“反旗”を翻すのは極めて異例だ。

「単仁平」のペンネームを持つ胡錫進編集長は論評で、今回の事件に限らず中国当局は「敏感な問題」に関して自国メディアに情報を提供せず、結果として海外メディアの「価値判断」が浸透していると指摘。官僚やメディアが責任逃れのために情報を発信しない構造が、中国の国家利益を損なっていると主張した。


http://www.sankei.com/world/news/170218/wor1702180016-n1.html





「中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は17日付の論評で『中国側はなにも情報を発信せず、沈黙する傍観者になっている』と当局を批判」
「官製メディアが地方政府ではなく、政権自体をやり玉に挙げて“反旗”を翻すのは極めて異例」

記事の全文


【緊急拡散】韓国はロシアの一部になることが決まったらしいぞwww 金正男暗殺の裏で と ん で ..

2017.02.18

【緊急拡散】韓国はロシアの一部になることが決まったらしいぞwww 金正男暗殺の裏で と ん で も な い 中国解体計画始動キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!!



posted by



1 :みやび ★:2017/02/16(木) 18:03:23.73 ID:CAP_USER9.net
【ドキュメント永田町】安倍−トランプ極秘交渉…議題は「中国」「北朝鮮」「韓国」 異例の厳戒態勢、密室車中会談の中身
2017.02.15

安倍晋三首相と、ドナルド・トランプ大統領は、初めての日米首脳会談で「戦略的蜜月関係」を構築した。経済連携の強化が確認されたワシントンでの会談に加え、フロリダ州パームビーチでは、歴史的なゴルフ外交を展開した。こうしたなか、「真の首脳会談はフロリダで行われた」「1時間以上の車中会談が核心だ」との証言を入手した。議題の中心は「中国」「北朝鮮」「韓国」だったという。
・・・

確かに、当初は一緒にゴルフをするはずだった夫人の日程が変更になり、両首脳の「2人きりの時間」については、異例の厳戒態勢が敷かれたのである。安倍首相は車中での会談について、「絶対に口外できない話ばかりだった」と周囲に漏らしている。

この車中会談こそが、今回の「真の首脳会談」だったと指摘されるゆえんである。

山口敬之


http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170215/plt1702151130004-n2.htm


25 :名無しさん@1周年:2017/02/16(木) 18:07:31.50 ID:czdYEsYf0.net
>絶対に口外できない話ばかりだった
大丈夫、しっかり盗聴されてますw
しかも、敵の多いトランプで隙だらけだろうから
きっと、ヤバい話がウィキリークスに暴露される



451 :名無しさん@1周年:2017/02/16(木) 19:30:15.41 ID:qVPaR7NB0.net
>>25
露も連絡済みだろうから、価値無いだろうよ
特亜がターゲットなのだけは確定

特に旧瀋陽軍区や北に紛れ込む時代遅れのアカや
大アジア主義者や国家社会主義連中のな

記事の全文


【中国崩壊】金正男暗殺で中国が息してないwww ついに朝鮮戦争再開で特亜崩壊クル━━━━━(°∀..

2017.02.17

【中国崩壊】金正男暗殺で中国が息してないwww ついに朝鮮戦争再開で特亜崩壊クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!!



posted by



1 :ろこもこ ★@\(^o^)/:2017/02/15(水) 20:48:12.02 ID:CAP_USER*.net
金正男氏暗殺 中国メディア、不快感示し北に釈明要求 「正恩氏の暗殺」と誤記も
産経新聞 2/15(水) 18:46配信

北朝鮮の金正男氏が殺害されたとみられる事件に関して、中国外務省の耿爽報道官は15日の記者会見で、「現在マレーシア側が調査を進めている。われわれは事態の進展を注意深く見守っている」と述べるにとどめ、具体的な論評を避けた。一方、一部の中国メディアは不快感を示し、北朝鮮側に釈明を求めた。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は15日付で、「単仁平」のペンネームを持つ胡錫進編集長が論評を執筆した。

「マレーシア当局が金正男氏の暗殺を正式に確認すれば、国際世論は必ずこうした行為を厳しく非難するだろう」と指摘し、「中国の世論もこうした行為は唾棄するにちがいない」と強調した。

さらに「どのような政治闘争であれ、暗殺行為はあってはならない。そうした野蛮な古いやり方は歴史の博物館に収めるべきだ」と主張し、北朝鮮当局は世界に向けて釈明すべきだとの考えを示した。

なお論評は「金正男氏の暗殺」とすべきところを「金正恩氏の暗殺」と誤記していた。意図的なものか単純ミスなのかは不明だ。いずれにせよ中国側が一時事実上の庇護(ひご)下に置いていた「親中派」の金正男氏が殺害されたことへの不満がにじむ文章だ。

ただ15日付の官製メディアの中で事件について明確な立場を示したのは環球時報だけで、事件に全く触れていないメディアも少なくなかった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000569-san-cn





「金正恩暗殺:一部の中国メディアは不快感を示し、北朝鮮側に釈明を求めた」
「論評は『金正男氏の暗殺』とすべきところを『金正恩氏の暗殺』と誤記」
「事件に全く触れていないメディアも少なくなかった」
「中国外務省:『現在マレーシア側が調査を進めている。われわれは事態の進展を注意深く見守っている』と述べるにとどめ、具体的な論評を避けた」

記事の全文


【中国発狂】欧米メディアが「中国は超大国から転落する」と主張www 日 本 大 復 活 クル━━..

2017.02.12

【中国発狂】欧米メディアが「中国は超大国から転落する」と主張www 日 本 大 復 活 クル━━━━━━(°∀°)━━━━━━!!!



posted by



1 :たんぽぽ ★@\(^o^)/:2017/02/10(金) 18:48:10.15 ID:CAP_USER*.net
2040年、アジアの超大国は中国ではなく日本・・・米メディアの主張を中国メディアが紹介 
2017-02-10 10:12

中国メディア・環球時報は9日、「2040年におけるアジアの超大国は中国ではなく、日本だ」とする米メディア、ビジネス・インサイダーの7日付文章を紹介する記事を掲載した。

記事はまず、中国に対する指摘を紹介。2015年の中国全体のGDPについて、東北部と沿海部の2地域がほぼ半分を占めており、中部や西部はそれぞれ20%程度となっている一方で、西部地域の面積が全体の半分以上を占めているとし「人口が多く、土地が広いことは中国に多くのメリットをもたらすが、それは同時に諸刃の剣だ」と論じたことを伝えた。

また、中国は他国にない人口動員能力を持ち、大規模な軍隊の配備によって国防力を強化する事ができる反面、「それは安全面でより多くの投資をしなければならないことを意味する。しかも、中国は内陸国であり、外敵からの侵入を受けやすいのだとしたことを紹介している。

一方で、日本についてはGDPの3分の1を首都圏エリアが占めているものの、中国とは異なり「富の配分がより均等である」としたほか、中国に比べて遥かに人口の少ない日本は地域格差や経済の溝に対応する必要がなく、「単に東京の1人あたりの収入が顕著に全国平均より高いだけに過ぎない」と解説したことを紹介。

また、日本が持つ最大の問題点は「食品や原材料の輸入依存」であり、高齢化にかんしては「日本も中国も同じ」との見方を示したこと、日本が海に囲まれた島国であるとともに米国と同盟を結んでいることもメリットに挙げ「今は中国に劣るも、今後徐々に優位性を増し増し、やがてはアジアの超大国になるだろう」と結論づけたことを伝えた。

将来的に中国よりも日本の方が優位に立つという米メディアの見方に対して、記事を読んだ中国ネットユーザーからは当然のごとく批判のコメントが相次いだ。中には「作者は日本からお金をもらっているのではないか」という意見もいくつか見られた。日本との比較となると、とりわけ敏感に反応する人も少なくないようである。


http://news.searchina.net/id/1628942?page=1





「米メディア、ビジネス・インサイダー:『2040年におけるアジアの超大国は中国ではなく、日本だ』」
「人口が多く、土地が広いことは中国に多くのメリットをもたらすが、それは同時に諸刃の剣だ」
「中国は内陸国であり、外敵からの侵入を受けやすいのだ」
「日本:GDPの3分の1を首都圏エリアが占めているものの、中国とは異なり『富の配分がより均等である』」
「中国ネットユーザーからは当然のごとく批判のコメントが相次いだ」

記事の全文


【緊急速報】中国で核戦争が始まった!!!? と ん で も な い 大爆発!!!【画像あり】

2017.02.09

【緊急速報】中国で核戦争が始まった!!!? と ん で も な い 大爆発!!!【画像あり】



posted by



【動画】 中国でまた大爆発事故




1 : イス攻撃(岐阜県)@\(^o^)/[ニダ]:2017/02/09(木) 01:37:09.89 ID:tuBBsKWB0.net
岡三マン @okasanman
化学工場大爆発の瞬間を捉えた動画=安徽省
https://twitter.com/i/videos/829367270728085504


https://twitter.com/okasanman/status/829367270728085504

岡三マン @okasanman
安徽省の化学工場が大爆発 2人負傷

https://pbs.twimg.com/media/C4J8gjuWQAA1DA-.jpg

https://twitter.com/okasanman/status/829366815738515457

記事の全文


【中国崩壊】中国政府を批判した本がアメリカで1位キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 中共の..

2017.01.21

【中国崩壊】中国政府を批判した本がアメリカで1位キタ━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 中共の野蛮ぶりが世界に広まってるぞwww



posted by



1 :(^ェ^) ★:2017/01/20(金) 21:31:27.63 ID:CAP_USER9.net
米国amazonでランキング1位 亡命中国人が描いた習近平批判マンガの凄い中身とは?
デイリー新潮 1/20(金) 12:37配信

いま在外中国人のあいだで、習近平政権を徹底的に批判した、あるマンガ作品が話題になっている。発売前から米国amazon Kindleストアの中国語電子書籍ランキングで1位を獲得、18日の発売後も1位をキープし続けているという。

その作品タイトルは、『變態辣椒――流亡中的漫畫家 Chinese Cartoonist in Exile』。直訳すれば「激辛の唐辛子――亡命中国人漫画家」だ。

じつはこの作品、日本の月刊誌「新潮45」で『中国亡命漫画家』というタイトルで連載され、その後、『マンガで読む 嘘つき中国共産党』というタイトルで単行本化されたもの。

著者の辣椒(本名:王立銘)さんは、中華人民共和国出身の43歳。デザインの仕事をする傍ら、ネットで政治風刺漫画を発表していたところ、中国の公安当局に狙われて、日本への“亡命”(※)を余儀なくされたという。(※法律上は亡命者ではなく長期滞在者。)

以下、辣椒さんに話を聞いた。

「この作品を描いていた時は、いま習近平政権下で行われている凄まじい人権抑圧と愚民化政策を告発したいという一心で、まさか米国amazonのランキングで1位になるなんて、想像もしていませんでした。

もともと日本人向けに日本語で発表した作品ですが、私としてはやはり中国の同胞に読んで欲しい。そこで出版社にお願いして中国語版の電子書籍を作ってもらい、米国と英国のamazonで販売することにしました。

中国では、習近平の独裁化と神格化が進み、批判は一切許されません。マンガでも描きましたが、まるで北朝鮮の金正恩政権のようです。

もちろん、私の描いたマンガを中国国内で読むことは許されません。中国のインターネットは共産党が厳重に管理しており、amazonで本を買うことができないようになっています。紙の本や電子書籍データを中国国内に持ち込もうとしても、もし税関で発見されたら、没収されるのはもちろん、公安当局から厳しい取り調べを受ける羽目になるでしょう。

それでも在外中国人や外国を旅行中の中国人は読むことができるはずです。また、共産党のインターネット支配が及んでいない香港やマカオ、それに台湾の人など、中国語圏に住んでいる人々にも読んで欲しい。
・・・


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170120-00516984-shincho-cn




「在外中国人のあいだで、習近平政権を徹底的に批判した、あるマンガ作品が話題に」
「變態辣椒――流亡中的漫畫家 Chinese Cartoonist in Exile」
「発売前から米国amazon Kindleストアの中国語電子書籍ランキングで1位を獲得、18日の発売後も1位をキープ」
「出版社にお願いして中国語版の電子書籍を作ってもらい、米国と英国のamazonで販売することに」
「紙の本や電子書籍データを中国国内に持ち込もうとしても、もし税関で発見されたら、没収されるのはもちろん、公安当局から厳しい取り調べを受ける羽目になる」
「まるで北朝鮮の金正恩政権のようです」

記事の全文


【緊急事態】中国軍の反政府デモが と ん で も な い 人数になっていた!!! 最悪の場合クー..

2016.10.16

【緊急事態】中国軍の反政府デモが と ん で も な い 人数になっていた!!! 最悪の場合クーデター発生の可能性キタ━━━━(°∀°)━━━━!!!




posted by



1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/10/15(土) 19:24:21.08 ID:CAP_USER*.net
元軍人デモ、「9つの省の省長が緊急に北京入り」=情報筋
2016/10/15 17:30

中国全国各地から集まった退役軍人が11日北京市中心部にある、軍最高意思決定機関の中央軍事委員会と国防部が入っている、通称「八一大楼」の前で集まり、生活の保障と待遇改善を訴えて、12日早朝まで約24時間の抗議を行った。最終的に約1万人以上が集結し、元軍人による過去最大規模の抗議活動となった。情報筋によると、デモ参加者代表は当局の高官と交渉を試み、一定の成果を収まったとし、今回の抗議活動は「成功した」「今後元軍人による陳情の前例となった」と示した。

最終的には1万人 「軍人陳情の成功例に」

米国「自由アジア放送」(RFA)が12日の報道によると、「八一大楼」の前で行われた異例のデモに、続々と集まった元軍人の人数は最初の数百人から最終的に1万人を上回った。

デモの一部始終を目撃した北京市民で、自身も軍の元士官だった王さんは大紀元の取材に対して、「八一大楼」周辺では中年の元軍人に埋め尽くされ、元軍人の列が2〜3キロ続いたと話した。王さんを含めて多くの北京市民が元軍人らに水や食べ物を提供して支持を示したという。

クーデターに発展も? 情報提供者「交渉が失敗すれば、さらに多くの元軍人を呼び込む」

匿名希望の情報提供者は大紀元の取材に対して、「当局に北京に入るのを阻止されないように、元軍人の多くは私服で北京に入り、「八一大楼」の前に到着後に迷彩色の軍服に着替えた」とした。元軍人らは出身の省や地区で分かれてそれぞれの列を作って並び、横断幕を持ちデモを行ったという。

同氏によると、当局は多数の武装警察などを出動させ、警戒態勢を敷いた。またデモが始まった最初の頃、10数人の元軍人が逮捕されたが、双方は大きな衝突がなかった。その後逮捕された元軍人は解放された。

情報提供者は、「デモを呼び掛けた元軍人は当初、もし12日に当局が何らかの改善を示さなかったら、中国とベトナムとの戦争に参加した元軍人など、さらに多くの応援を呼び込もうと考えていたと明かした。それが現実となれば、元軍人によるクーデターに発展する可能性を示唆した。

「問題解決に9つの省の省長が高速鉄道で緊急に北京に入った」

また、情報提供者は「抗議中、当局は下級の官員から上級の官員にと次々と出てきて、交渉にあたった」とした。「最初は警察当局が鎮圧にあたったが、状況が逆に悪化すると分かって、当局は(党中央政治局委員で中央政法委員会書記の)孟建柱氏や人民解放軍の総政治部の少将や国家信訪局(直訴を統括する部門)の局長などが交渉にあたった。しかし、元軍人らは中央高層指導部の高官と直談判したかった」。

同氏によると、当局は11日夜9つの省の省長が高速鉄道で緊急に北京に入らせ、問題解決にあたらせるとの異例な措置をとった。

海外中国語メディア「博聞社」の報道によると、中国当局は最終的に、習近平国家主席の側近で中央軍事委員会弁公庁の秦生祥主任に、元軍人らとの談判にあたらせた。

元軍人の代表が中央高層指導部の代表との交渉は12日早朝の6時まで行われ、最後に双方は一定の合意を達した。また、「八一大楼」前にいた元軍人らは、当局が用意した大型バスに乗り込み、デモが収束した。

一方、自由アジア放送によると、大型バスに乗り込ませられた元軍人らの大多数が地元に返送された。また一部は、地方陳情者を収容する施設である北京の馬家楼に連れられたという。


http://www.epochtimes.jp/2016/10/26262.html
http://img.epochtimes.jp/i/2016/10/15/t_fvdmwv7ubedk1r74cfir.jpg
10月11日早朝から12日早朝まで、中国全国各地から約1万人以上の元軍人が軍中枢機関「八一大楼」の前で待遇改善を訴え、抗議活動を行った。(ネット写真)


https://www.youtube.com/watch?v=4UZxF8m_yyc



2 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/10/15(土) 19:24:43.73 ID:CAP_USER*.net
デモ参加者のほとんどは営レベル以上の士官で、1993年と2000年に軍総政治部が実施した人員削減政策の対象だった。当時は総政治部が軍人に対して数万元の退職金を1回きりで渡し、退役後各地方での転職を段取りしない方針だった。

情報提供者は今回のデモでは待遇問題が直ちに完全に改善されると思わないが、しかし「成功した」とし、「今後、他の元軍人陳情者には前例になったのではないか」と示した。

国内SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上では、今まで元軍人の陳情事案の大多数は中央政府に報告されることがなく、軍総政治部の信訪部門で保管されただけだったと囁かれていた。「江沢民の側近で徐才厚氏らが軍を掌握していた時、総政治部の官員らはより高い地位に昇進できるよう贈賄・収賄などに没頭していたため、元軍人らの陳情を完全に無視した」という。

(翻訳編集・張哲)





「『八一大楼』の前で行われた異例のデモに、続々と集まった元軍人の人数は最初の数百人から最終的に1万人を上回った」
「元軍人の列が2〜3キロ続いた」
「多くの北京市民が元軍人らに水や食べ物を提供して支持を示した」

「当局が何らかの改善を示さなかったら、中国とベトナムとの戦争に参加した元軍人など、さらに多くの応援を呼び込もうと考えていた」
「元軍人によるクーデターに発展する可能性を示唆」
「9つの省の省長が高速鉄道で緊急に北京に入らせ、問題解決にあたらせるとの異例な措置」

記事の全文


【緊急速報】ついに中国でクーデター発生か!!!? 北京で人民解放軍が と ん で も な い 反..

2016.10.12

【緊急速報】ついに中国でクーデター発生か!!!? 北京で人民解放軍が と ん で も な い 反政府デモ実行キタ━━━━━━(°∀°)━━━━━━!!!



posted by



1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/10/11(火) 23:19:09.82 ID:CAP_USER*.net
北京の中国国防省前で約千人デモ
待遇不満の元軍人か
2016/10/11 22:07

【北京共同】北京市中心部の中国国防省前で11日、待遇などに不満を抱く元軍人らによるとみられる抗議デモがあった。AP通信によると、参加者は約千人に上り、多くが迷彩服を着ていた。中国各地で元軍人らによるデモは時々起きているが、北京市内における大規模なデモは極めて異例。

具体的な主張など詳細は不明。習近平国家主席は昨年、約30万人の兵力削減計画を打ち出し、今年に入って軍改革を本格化させていることから、軍人らの間で不満が募っているとの情報もある。

国防省付近では11日夜になっても多くが残り、警官が物々しい警戒態勢を敷いていた。


http://this.kiji.is/158561309268066313?c=39546741839462401
http://giwiz-nor.c.yimg.jp/im_siggab9169sRPx77OhcmzNWhFQ---exp3h/r/iwiz-nor/ch/images/158561812194608633/origin_1.jpg
北京の国防省前に集まった迷彩服姿のデモ参加者たち=11日(AP=共同)




「中国国防省前で11日、待遇などに不満を抱く元軍人らによるとみられる抗議デモがあった」
「北京市内における大規模なデモは極めて異例」
「習近平:昨年、約30万人の兵力削減計画を打ち出し、今年に入って軍改革を本格化」

記事の全文


【緊急拡散】中国で軍事クーデター勃発寸前!!!? 北朝鮮が核実験を続けられる本当の理由が ヤ バ..

2016.10.10

【緊急拡散】中国で軍事クーデター勃発寸前!!!? 北朝鮮が核実験を続けられる本当の理由が ヤ バ す ぎ た !!!



posted by


1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/10/10(月) 01:39:26.32 ID:CAP_USER*.net
【野口裕之の軍事情勢】反習近平派の拠点、中国人民解放軍「瀋陽軍区」が北と通じてクーデターを計画している!
2016.10.10 01:00

北朝鮮の核ミサイルはワシントンや東京を狙っているとは限らない。北京も含めるべきではないか。一方で、小欄の目には北朝鮮と中国の国境が映らなくなっている。「対立する北朝鮮と中国」「中朝一体化」という一見矛盾する情勢のナゾ解きが、今次小欄のテーマ。ナゾ解きは衝撃的な結末を迎える。 

旧満州東部からロシア沿海州南西部、つまり朝鮮半島に接する中国側は李氏朝鮮時代(1392〜1910年)以降、多数の朝鮮人が移住した。深い森林でおおわれ、朝鮮総督府の支配も届かず、無頼の朝鮮人や支那人の匪賊・馬賊の格好の根拠地となった。越境して朝鮮半島北部(現・北朝鮮)の町村を襲撃、無辜の朝鮮人らへの略奪・殺戮を繰り返した。絵に描いたごとき無法地帯であったのだが、「無法地帯」は現在も変わりがない。ただし、支那人の匪賊・馬賊は中国人民解放軍になり、北朝鮮襲撃ではなく、逆に武器・エネルギー・食糧・生活必需品を密輸し、支援している。国連や日米韓などが北朝鮮に経済制裁を科している状況をよそに、密輸とは不届き千万だが、中国人民解放軍が制裁の動機である北朝鮮の核・ミサイル開発まで支援しているという観測が、安全保障関係者の間で流れている。現下の厳しい制裁にもかかわらず、なぜ北朝鮮が経済力を保ち、核・ミサイル開発の技術的向上を続けられるのか? なぜ金正恩指導部が強気の姿勢を転換しないのか? この観測で説明できる。

「朝鮮半島の非核化」を進めたい旨を公言する習近平・国家主席はウソつきということになるが、ウソをつかせる複数の要因が存在する。例えば、そもそも人民解放軍は、軍中央の支配が届きにくい半ば独立した軍閥。従って、習主席に逆らってでも北朝鮮を支援したい軍閥と、習主席に忠誠を誓う軍閥に大別される。背景には利権と政争が薄汚く絡み合う。北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止するには、北を支援する中国人民解放軍を習近平派の人民解放軍が掃討しなければ、決着がつかぬやもしれない。中国国内で、内戦が始まるのだろうか。

核開発物資を密輸した中国人女性の後ろ盾とは?

北朝鮮が5回目の「核実験」を行った9月以降、実験もさることながら、中朝国境の川・鴨緑江の向こう側の動きが気になる。中国の公安当局は、遼寧省を拠点にする女性実業家を逮捕した。高濃度ウランを生み出す遠心分離機用の金属・酸化アルミニウムなど核開発関連物資や、戦車用バッテリーなど大量の通常兵器の関連部品を北朝鮮に密かに売りつけていたという。密輸物資には、戦略物資の重油も含まれていた。女性実業家は模範的共産党員だった。

鴨緑江の向こう側には人民解放軍の中で最も精強で、機動力にも優れる《北部戦区(旧・瀋陽軍区)》が陣取る。女性実業家逮捕の報に接し、真っ先に浮かんだのは、遼寧省も管轄下に置く北部戦区であった。女性実業家が一党独裁国家の厳しい監視網を逃れたのは、北部戦区の後ろ盾があったからこそではないのか。

朝鮮戦争(1950〜53年休戦)の戦端が再び開かれる事態に備え、かつ、かつて戈(ほこ)を交えた旧ソ連(現ロシア)とも国境を接する領域を担任している旧瀋陽軍区に、軍事費が優遇され、最新兵器が集積されているのは軍事的合理性にかなう。大東亜戦争(1941〜45年)以前に大日本帝國陸軍がこの地に関東軍を配置したのも、軍事的要衝ゆえだ。

しかし、人民解放軍全体を俯瞰すると、合理的な体制とは言い難い。確かに、全軍統率機関=中央軍事委員会主席を兼任する習国家主席は、共産党による「シビリアン・コントロール(文民統制)」や軍中央の統制力を強化するべく、軍制改革を大胆に進めてきた。

改革前、軍の最大単位は7個の《軍区》であった。これを5個の《戦区》に再編したが、再編前と後の主な変化は次の2つ。

《かつて軍区が有していた軍区内の兵員・装備に関する整備といった軍政は、中央軍事委員会に新設された『国防動員部』へと移譲。戦区は作戦立案と、作戦に沿った訓練・演習に特化された》


http://www.sankei.com/premium/news/161010/prm1610100010-n1.html
http://www.sankei.com/images/news/161010/prm1610100010-p1.jpg



「北朝鮮の核ミサイルはワシントンや東京を狙っているとは限らない。北京も含めるべきではないか」
「習主席に逆らってでも北朝鮮を支援したい軍閥と、習主席に忠誠を誓う軍閥に大別される」

「中国人民解放軍が制裁の動機である北朝鮮の核・ミサイル開発まで支援しているという観測」
「女性実業家:核開発関連物資や、戦車用バッテリーなど大量の通常兵器の関連部品を北朝鮮に密かに売りつけていた」




2 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/10/10(月) 01:39:50.71 ID:CAP_USER*.net
《戦区内に所在する陸海空軍やロケット軍の各軍種、民兵や予備役などを、戦時でなくとも統合運用できることとなった》

狙いは最精強・瀋陽軍区の解体

軍種間の意思疎通&協力を阻害する縦割りや装備・業務の重複・無駄をなくし、「実戦的体制を構築し、現代戦に適合させる」という。が、透けて見えるのは軍閥に近かった軍区の、習主席らによる解体だ。

特に最精強を誇る《瀋陽軍区》は、習主席にとって目障りどころか、政治生命まで左右する「超危険な存在」であった。いや、依然、「超危険な存在」と言うべきだ。今なお、北部戦区は「瀋陽軍区」なのだ。

習主席は、北京より平壌と親しい「瀋陽軍区」によるクーデターを極度に恐れている。「瀋陽軍区」高官の一族らは、北朝鮮に埋蔵されるレアメタルの採掘権を相当数保有する。「瀋陽軍区」が密輸支援する武器+エネルギー+食糧+生活必需品武器や脱北者摘発の見返りだ。北朝鮮の軍事パレードで登場するミサイルや戦車の一部も「瀋陽軍区」が貸している、と分析する関係者の話も聞いた。

もっと恐ろしい「持ちつ持たれつ」関係は核・ミサイル製造だ。中国人民解放軍の核管理は《旧・成都軍区》が担い「瀋陽軍区」ではない。「瀋陽軍区」は核武装して、北京に対し権限強化を謀りたいが、北京が警戒し許さぬ。そこで核実験の原料や核製造技術を北朝鮮に流し、または北の各技術者を「瀋陽軍区」内で教育・訓練し、「自前」の核戦力を造ろうとしているとの観測が浮上してくる。しかも、その核戦力は日米ばかりか北京にも照準を合わせている可能性がある。

理由はこうだ。

(1)北京が北朝鮮崩壊を誘発させるレベルの対北完全経済制裁に踏み切れば、「瀋陽軍区」はクーデターを考える。

(2)他戦区の通常戦力では鎮圧できず、北京は旧成都軍区の核戦力で威嚇し恭順させる他ない。

(3)「瀋陽軍区」としては、北朝鮮との連携で核戦力さえ握れば、旧成都軍区の核戦力を封じ、「瀋陽軍区」の権限強化要求+クーデターの、2つの選択肢を保てる。

習主席が進める軍の大改編は、現代戦への適合も視野に入れるが、「瀋陽軍区」を解体しなければ北朝鮮に直接影響力を行使できぬだけでなく、「瀋陽軍区」に寝首をかかれるからでもある。

「親北」のDNA

「瀋陽軍区」が北朝鮮と、北京を半ば無視してよしみを通じる背景には出自がある。中国は朝鮮戦争勃発を受けて“義勇軍”を送ったが、実体は人民解放軍所属の第四野戦軍。当時、人民解放軍最強の第四野戦軍こそ瀋陽軍区の前身で、朝鮮族らが中心となって編成された「外人部隊」だった。瀋陽軍区の管轄域には延辺朝鮮族自治州も含まれ、軍区全体では最大180万人もの朝鮮族が居住する。いわば、「瀋陽軍区」と北朝鮮の朝鮮人民軍は「血の盟友」として今に至る。金正日総書記(1941〜2011年)も2009年以降、11回も瀋陽軍区を訪れた。

実際、朝鮮半島有事になれば、北支援に向け「瀋陽軍区」の戦力が鴨緑江を渡河し半島になだれ込む。従って、各種演習も半島全域を想定する。とりわけ、第39集団軍は、人民解放軍最精強の「瀋陽軍区」でも最強とうたわれ、機械化に伴う展開速度は侮れない。38度線付近の非武装地帯で2015年、北朝鮮の朝鮮人民軍が仕掛けた地雷で韓国陸軍の下士官2人が大けがを負い、南北間に緊張が走るや、瀋陽軍区の戦車を主力とする部隊が中朝国境に急派されている。

7大軍区は5個の戦区に統廃合されたが、注目は北京の頭越しに「対北独自外交」を繰り広げる瀋陽軍区を北京軍区に吸収合併できるかだった。布石として、瀋陽軍区勤務が豊富で、軍区に強く影響を及ぼす軍区内外の反習近平系軍高官粛清を断行。全軍統率機関=中央軍事委員会副主席、徐才厚・上(大)将(1943〜2015年)の汚職など規律違反での逮捕は、いかにも象徴的だ。半面、北京軍区司令官に習氏と近い上将を抜擢(ばってき)するなど着々と布石を打ってはいた。

クーデターは起きていた!

布石にもかかわらず、徐上将失脚で14年、徐の腹心の第39集団軍幹部はクーデターを起こした。

クーデターは小規模で鎮圧されたが、かくも抵抗勢力が跋扈する不穏な情勢では、瀋陽軍区を北京軍区に吸収合併する目論みが達成できる道理がない。むしろ、瀋陽軍区は北京軍区の一部を形成していた内モンゴル自治区を取り込み北部戦区へと膨張した。




3 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/10/10(月) 01:40:05.06 ID:CAP_USER*.net
韓国の朴槿恵大統領は北核実験を受け、中国に「北朝鮮が痛みを感じる実効的制裁を」と呼び掛けたが、中国の対北経済制裁後、なおも北朝鮮が延命している現実は、民主国家との緩衝地帯である北の息の根を止めぬよう中国側が水面下、国家ぐるみで援助を続けている側面もあるが、「瀋陽軍区」の隠密支援が大きな要素だ。

「瀋陽軍区」を頼みに、核実験やミサイル発射をためらわない北朝鮮の暴挙は、北京の許容限度を超え、習近平派はメンツを失った。メンツを失う程度ならまだしも、クーデターは思わぬ形と成って現出するやもしれない。

軍制改革は2020年まで続くが、習主席が、なりふり構わず一層の強攻策に走り、「瀋陽軍区」の完全解体や金正恩体制を打倒せんとすれば、北朝鮮と一蓮托生の「瀋陽軍区」は、北京へ向け戦術核ミサイルを撃つよう北に「命令」を下すという恐れを、小欄は完全否定できずにいる。




「最精強を誇る《瀋陽軍区》は、習主席にとって目障りどころか、政治生命まで左右する『超危険な存在』」
「対北完全経済制裁に踏み切れば、『瀋陽軍区』はクーデターを考える」
「北京は旧成都軍区の核戦力で威嚇し恭順させる他ない」
「北朝鮮の軍事パレードで登場するミサイルや戦車の一部も『瀋陽軍区』が貸している」
「核実験の原料や核製造技術を北朝鮮に流し、または北の各技術者を『瀋陽軍区』内で教育・訓練し、『自前』の核戦力を造ろうとしているとの観測」
「徐上将失脚で14年、徐の腹心の第39集団軍幹部はクーデターを起こした」
「瀋陽軍区は北京軍区の一部を形成していた内モンゴル自治区を取り込み北部戦区へと膨張」




http://www.sankei.com/images/news/161010/prm1610100010-p2.jpg

中朝国境を流れる鴨緑江の中国側の町、丹東では、中朝友誼橋のたもとで北朝鮮の切手や紙幣、たばこが売られている。橋はトラックと貨車が行き交う北朝鮮への物流拠点。手前が丹東、向こう岸が北朝鮮 =2006年10月、中国・丹東
http://www.sankei.com/images/news/161010/prm1610100010-p4.jpg

2015年10月、平壌で行われた軍事パレードに登場した中距離弾道ミサイル「ノドン」(共同)
http://www.sankei.com/images/news/161010/prm1610100010-p8.jpg

援助物資を載せて中朝国境の鴨緑江にかかる橋を渡り、中国・丹東から北朝鮮に向かおうとするトラック=2004年4月

記事の全文


【緊急事態】中国軍の戦闘機が天津で と ん で も な い 事故を起こす!!! 墜落現場付近の画..

2016.10.04

【緊急事態】中国軍の戦闘機が天津で と ん で も な い 事故を起こす!!! 墜落現場付近の画像が ヤ バ す ぎ る !!!



posted by


1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/10/04(火) 00:37:13.69 ID:CAP_USER*.net
中国のステルス戦闘機「J-10」墜落か 天津で目撃情報
2016/10/03 22:42

中国軍のステルス戦闘機「殲-10(J-10)」が、天津の公園に墜落したのではないかとの情報が、現場写真とともに中国のミニブログ微博で出回っている。

伝えられる目撃情報では、この「J-10」は9月28日、鳥との衝突によりエンジン故障が起きて、天津の武清南湖公園の芝生に墜落した。パイロットはパラシュートで脱出したという。

新浪微博に流通している画像から、公園の奥で黒い煙が上がっているのが確認できる。

この「J-10」は、天津の武清区楊村空港で離着陸する中国人民解放軍空軍部隊24師に従属するものではないかと推測されている。墜落情報について、中国空軍はいかなるコメントも出していない。

過去にも中国ステルス戦闘機の事故

中国官製メディア人民日報によると、今年4月27日、中国の主力のステルス戦闘機「殲-15(J-15)」は、陸上基地から空母への着陸訓練をしていた際、突発的な故障により墜落。脱出に失敗したパイロットは死亡した。

去年12月17日、中国軍のJ-10は浙江台州で墜落し大破した。2人のパイロットはパラシュートで脱出した。目撃者によると、戦闘機は空中爆発したという。中国当局は墜落した原因を公表していない。

中国の主力なステルス戦闘機「J」シリーズは、軍用航空機と民間機を研究開発する中航工業集団の、成都飛行機工業会社が開発している。2003年にJ-10を正式に発表。2004年、雲南省空軍の成都軍区に従属した。最近では、中国共産党政権がスタートした10月1日に合わせて、最新ステルス戦闘機「殲-20(J-20)」の高画質写真が公開された。

J―10の最大の問題は、搭載された中国産エンジン「WS-10」のパワー不足とされている。中国の航空機エンジンは海外からの輸入が拡大しており、中国政府も「15年内に、外国産エンジンが中国機のすべてを占める」と公言している。

いっぽう、米メディアは、軍事投資を高める中国は先進的なジェット・エンジン開発に取り組んでいて、米国に猛追していると伝えている。同時に、軍事技術スパイ事件についても最近、報じられた。米国司法省によると8月、フロリダ州裁判所は中国系アメリカ人で技術系企業の代表だった滿文霞(45)に対して、米軍の戦闘機エンジンと無人航空機機器の機密情報を不法に中国側に流したしたとして、禁錮50カ月の有罪判決を下した。

(翻訳編集・佐渡 道世)


http://www.epochtimes.jp/2016/10/26216.html
http://img.epochtimes.jp/i/2016/10/03/t_i4vpc4cs94dmexlyohbp.jpg

9月28日、中国ステルス戦闘機「殲-10(J-10)」が、天津の公園に墜落したとの情報が、画像とともにネットに流れた。(新浪微博@涵涵涵hanhan)




「中国軍のステルス戦闘機『殲-10』が、天津の公園に墜落したのではないかとの情報」
「鳥との衝突によりエンジン故障が起きて、天津の武清南湖公園の芝生に墜落」
「公園の奥で黒い煙が上がっている」
「墜落情報について、中国空軍はいかなるコメントも出していない」

記事の全文


【中国崩壊】北米に逃亡した中国人の財産没収クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 中国政府が ..

2016.09.24

【中国崩壊】北米に逃亡した中国人の財産没収クル━━━━━(°∀°)━━━━━!!! 中国政府が と ん で も な い 潰し合いを始めるwww



posted by



1 :ねこ名無し ★@\(^o^)/:2016/09/23(金) 23:15:03.09 ID:CAP_USER*.net
中国から「違法」持ち出し資産を強制没収へ、カナダと協定締結 習近平政権が腐敗幹部締め付けさらに
2016.9.23 22:38

中国紙、法制日報(電子版)などによると、中国とカナダは22日、海外に「違法に」持ち出された国の資産を強制的に没収、返還する協定を結んだ。習近平指導部が進める反腐敗運動の一環で、中国から持ち出された資産を差し押さえるための取り決め。

李克強首相がカナダを訪問しており、同日に行われたトルドー首相との会談後、協定が結ばれたもよう。同紙によると、中国はこれを機に各国との協定締結を目指し、海外に持ち出された資産回収を強化する方針。

両国は腐敗幹部らの身柄引き渡し条約締結に向けた協議も進めている。

中国メディアは腐敗高官らが公金など国の資産を持ち出してカナダに亡命するケースが多いと伝えており、今回の協定締結で「海外はもはや違法所得を隠し持つことができる安全な場所ではなくなった」と強調している。(共同)


http://www.sankei.com/world/news/160923/wor1609230060-n1.html




「中国とカナダ:海外に『違法に』持ち出された国の資産を強制的に没収、返還する協定を結んだ」
「中国はこれを機に各国との協定締結を目指し、海外に持ち出された資産回収を強化する方針」

記事の全文


ピックアップ
投票コーナー